今でも大切に保管している学生時代の年賀状

大学生のときに友達にもらった年賀状が心に残っています。
その頃はまだ今のようにパソコンもほとんどなかったので、年賀状も手書きで書いてあることが多かったです。
いろいろな趣向を凝らして書いてあって自分が送るのも、もらうのも楽しみでした。

年賀状に書いてある言葉も今ですと簡単な一言ですが、当時はけっこうたくさんメッセージを書いてあるものが多かったです。
当時は何とも思いませんでしたが今読むととてもあたたかい気持ちになります。

その年、わたしはいろいろあってとても落ち込んでいました。
そのことを友達に悟らせないよう、普段通り明るく振る舞っていたつもりでした。
でもその友人は気付いていたようで、年賀状に「いろいろあった1年だったね。私はいつで味方だから何かあったら話してね。今年もよろしく」と書いてありました。
私が落ち込んでいることに気付いていても、何も聞かずに見守っていてくれた友達の存在がとても嬉しかったです。

お互い年が明けてもそのことについて話すことはありませんでしたが、今でも友達です。
お互いに結婚して住んでいる場所も離れてしまいましたが、会えば学生の頃のように話すことができます。
当時の年賀状は今も大事に持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です